寒空の中の、現場調査。

見積もり依頼がございましたので
お客様のお家の現場調査に行きました。

一口に「外壁塗装」と言っても
お家の外壁材、立地条件等によって
外壁状態は様々です。

ですので、同じ素材を使った同じ家でも
立てた場所が違えば、劣化の仕方も違います。

数学や物理などの自然科学が好きだった私は
「なぜこのような家の状態になっているのか?」
ということに興味を持ってしまいます。

湿気が多い日陰であれば、苔が生えることも多いです。
しかし、その苔の生え方も様々です。
ただの苔のものもあれば、家の内部結露による黒かびの可能性もあります。

日当たりや風の通り道などを妄想しながら
家の状態をつぶさに観察するのが楽しいです。

現場調査が終わった後、調査書を提出させていただきます。
そんな時に「ミネザキさん、家の裏側はこんな風になっていたんだね。
気づかなかったよ。」とお客様に言っていただけると
心の中で小さくガッツポーズします。

私たちよりも、お客様の方がお家を見ているはずですから
お客様の気づかなかった部分を、見つけて
施工の提案ができる時はすごく塗装業者冥利に尽きます。

そんな話をしていると
お客様がすごく寒そうにされています。

「どうぞ寒いので、中でお待ちいただいて結構ですよ。
終わりましたら声をかけさせていただきます。」
そうお伝え致します。

でも「せっかくだから色々見させてもらうよ!」と
言っていただけました。

ありがたい気持ちと、申し訳ない気持ちが芽生えます。
天気は春の装いですが、相変わらず風が強くて寒い。
暖かな陽気を待ち遠しく感じる1日でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です