紹介いただいたお客様との思い出

先日お客様から紹介をいただき
塗装の現場調査に行ってまいりました。

やはり商売をしている身として
塗装をしていただいたお客様から紹介いただけるのは
すごく嬉しいことです。

紹介していただいたお客様のお家は塗装の前は、
塗装の下から苔が生えてこんもりと盛り上がっている状態でした。
そのせいで、外壁がボロボロになっておりました。

あまり同業者のことを悪く言うのは良くないですが
やはりこのような惨状を見ると
同じ商売をしている身としては、怒りを通り越して
辛さを感じてしまいます。

話を聞く限り、営業会社からもらった仕事で
下請け業者の方が工事をしたのだと思うのですが
営業会社を挟むと、工事の責任が不明瞭になるし
かなりのコストアップになるのであまりお勧めできないと思います。

下請け業者の方も予算内で工事を一生懸命行ったものと思います。
でも、明らかに下地処理不足で
数年後にそのツケが出てきている状態でした。

どんな業者も初めは綺麗に仕上げますが
見えない部分の違いは数年後に出てきます。

下請け業者さんは、その工事でミスをしても
基本的に数年経てばわからないので
「別にいいかな」と思ってしまったのかもしれません。

確かに、自分の会社の看板に傷はつきませんし
できるだけ早く終わらせたいというのは
人間の性でしょう。

でも手抜きをすると、思っている以上に
お家に被害が出てしまうのだなと
再認識しました。

そのお客様に対しては、
結局外壁材を一部取り替えてから
塗装を行いました。

また、雨音がうるさいということで
雨樋を補修させていただきました。

屋根から水を流して、下にいる和田と
「音消えました?」
「まだ消えてない!でも、原因はわかった!」
そんなやりとりを何度もしたことを覚えています。

そんなお客様に紹介いただいたので
「ああ、ちゃんと見ていただいたのだな」
と嬉しくなりました。

紹介いただいたお客様に話を伺うと
「塗装するなら、私のやってもらったところがいいよ。
前回もそこでやってもらえばよかったわ〜。」
と言っていただいたそうです。

どうやらすごいお勧めしていただいたようで
聞いているこちらが少し恥ずかしくなりました。

こんな関係性を作っていける商売をしていきたいと思った瞬間でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です