静岡の臨済寺

今日の大河ドラマの終わりに静岡の臨済寺が紹介されていました。

竹千代と呼ばれていた幼少期の家康がここに預けられていたとか

今川義元が開いた臨済宗の寺で、今川家の菩提寺。8歳から人質として今川家に預けられていた時代に家康がよく出入りした。若き家康は、その才能を認めてくれた雪斎禅師のもとで勉学に励み、武将としての基礎を育んだ。

8才といえば小学二年生ですね。

天下を取るような人は子供のときからしっかりしていますね。

僕も、長期視点で物事を考えられるように頑張って、長持ちする外壁塗装を提供していきたいと思います。

Follow me!