微弾性フィーラー

スクリーンショット 2016-06-13 16.26.55

下塗り剤として密着性を高める効果と、細かいクラック等は埋めていけるていどの粘り気があります。

固まったあとも伸び縮みする「しなやかさ」が売りになります。

工程としては、微弾性の下塗り材を1回施工し、中塗り〜上塗り材の合計3工程となります。

ヒビ割れの出やすい外壁材で、比較的状態がよいときに使うケースが多いです。

ですが、旧塗膜の密着が悪い、外壁材の風化が進んでいるなど、下地にダメージがある場合は「シーラー」を使うほうが無難です。